ツツジオ谷を登って金剛山山頂へ。(その2)

ツツジオ谷を登って金剛山山頂へ

 ツツジオ谷ルートは、タカハタ道(高畑谷)の金剛登山口バス停から登って腰折滝までは同じルートです。腰折滝を越えたところで木製の橋を右に渡って行く道がツツジオ谷ルートになります。(2010年2月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などを紹介します。

 私の印象ではツツジオ谷ルートはカトラ谷・タカハタ谷ルートより危険度が高いように感じましたので、小学生以下の子供を連れて行くのはやめた方がいいです。
 またカトラ谷・タカハタ谷ルートの様に沢を登ったりロープにつかまって岩を登ったり、谷に沿った道幅が狭い道があるなどフィールドアスレチックの様なコースです。(でも登山者が多く踏み跡もしっかりとあります。) 危険な所が数箇所(滑落しやすい)あり十分注意しないと大変なことになります。(ある程度のリスクを伴いますので、安全第一という人には向きません。また飲酒後など足元がふらつく場合はこのコースを避けた方がいいと思います。)
 途中に砂防ダムや滝もあり、特に冬に行くと沢や滝にキレイな氷の塊やツララが出来ていますが、難点は前述のように危険な箇所があること、また岩場や石がごろごろと落ちている所や倒木があるなど足場が良くありません、重い荷物を持って(背負って)行くのはやめた方がいいかもしれません。(荷物の量に関係なくトレッキングポールがあるといいと思います。)


歩いたコース:
金剛登山口バス停→タカハタ道(高畑谷)→ツツジオ谷ルート→金剛山山頂(山頂広場)→国見城址→転法輪寺→葛木神社→ブナ林 (真っ暗の中を千早本道で下山。)

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

凍結していたりして滑りやすい岩場。

凍結していたりして滑りやすい岩場。

 凍結して滑りやすい所があります、暖かい季節でも濡れて滑ることもあるでしょうから気をつけて通過します。

 冬は凍結して滑りますので、特に写真のような岩場では無理をせずにアイゼンを付けた方がいいです、転ぶと岩に体をぶつけてかなり痛い目にあいそうです。

植林の中を歩きます。

植林の中を歩きます。

 植林の中を歩きます、倒木などがありますので足を引っ掛けて転ばないように登ります。

金剛山山頂への道しるべ。

金剛山山頂への道しるべ。

 どちらに進んでも金剛山山頂に行けるそうですが、素直に左の道を選択しました。(右の道は藪がひどいとの事。)


 確かここまで来ると、タカハタ谷ルートとの合流まであと少しだったと思います。

タカハタ谷ルートとの合流。

タカハタ谷ルートとの合流。

 登り続けていると、タカハタ谷ルートと合流しますので尾根まで登ったら右に進みます。


ツツジオ谷へ下山口。

矢印に従って下りるとツツジオ谷。

六地蔵さん

六地蔵さん。

 六地蔵さんの前を通過します、冬はお地蔵さんの周りにも雪が積もっていて 茶碗の中の水も凍っていて寒そうでした。

カトラ谷との合流。

カトラ谷との合流。

 ここまで来ると金剛山山頂までもう少し、この合流ポイントを右に進みます。

夕方遅くにやっと金剛山山頂に到着。

夕方遅くにやっと金剛山山頂に到着。

 この日は出発時刻も遅かったこともあり、金剛山山頂に着くともう夕方5時前、登山道の途中ですれ違ったのも女性1人だけで金剛山山頂広場に到着しても誰もいませんでした。
 この後も誰にも会わなかったのでびっくりしました、いつもたくさんの人と挨拶をするのですがこの日は1回だけでした。

急いで転法輪寺と葛木神社を参拝。

急いで転法輪寺を参拝。

 夕闇が迫っていましたが、金剛山山頂までせっかく来たので転法輪寺を急いで参拝。

葛木神社を参拝。

 葛木神社も参拝して、いつものようにブナ林へと下りていきます。


 時間も遅かったので、転法輪寺も葛木神社も誰もいませんでした。

きれいな夕焼け色に染まる空。

きれいな夕焼け色に染まる空にブナの木のシルエット。

 夕焼け色に染まる空にブナの木のシルエットがきれいです。

 この日の金剛山山頂気温は1℃で、日が落ちて一気に気温がさらに下がってきました。
 この日はこれで写真撮影できないほど暗くなったので、カメラをザックに入れて千早本道を急いで下ることにしました。

帰路に

 今回の登りルートのツツジオ谷は狭い所も多く、下山してくる人とのすれ違いに注意しないとどちらかが広い所まで後退しなければならなくなります。 また危険な箇所もありますので、このルートを利用される時は十分注意してください。

 この日はカメラの撮影が出来なくなったので、捺印所近くのトイレ前のベンチでカメラをザックに入れたのですが、この時このトイレでは明かりがついていて助かりました。

前のページ(その1へ)に戻る。

ツツジオ谷を登って金剛山山頂へ。(その2)