ツツジオ谷を登って金剛山山頂へ。(その1)

ツツジオ谷を登って金剛山山頂へ

 ツツジオ谷ルートは、タカハタ道(高畑谷)の金剛登山口バス停から登って腰折滝までは同じルートです。腰折滝を越えたところで木製の橋を右に渡って行く道がツツジオ谷ルートになります。(2010年2月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などを紹介します。

 私の印象ではツツジオ谷ルートはカトラ谷・タカハタ谷ルートより危険度が高いように感じましたので、小学生以下の子供を連れて行くのはやめた方がいいです。
 またカトラ谷・タカハタ谷ルートの様に沢を登ったりロープにつかまって岩を登ったり、谷に沿った道幅が狭い道があるなどフィールドアスレチックの様なコースです。(でも登山者が多く踏み跡もしっかりとあります。) 危険な所が数箇所(滑落しやすい)あり十分注意しないと大変なことになります。(ある程度のリスクを伴いますので、安全第一という人には向きません。また飲酒後など足元がふらつく場合はこのコースを避けた方がいいと思います。)
 途中に砂防ダムや滝もあり、特に冬に行くと沢や滝にキレイな氷の塊やツララが出来ていますが、難点は前述のように危険な箇所があること、また岩場や石がごろごろと落ちている所や倒木があるなど足場が良くありません、重い荷物を持って(背負って)行くのはやめた方がいいかもしれません。(荷物の量に関係なくトレッキングポールがあるといいと思います。)


歩いたコース:
金剛登山口バス停→タカハタ道(高畑谷)→ツツジオ谷ルート→金剛山山頂(山頂広場)→国見城址→転法輪寺→葛木神社→ブナ林 (真っ暗の中を千早本道で下山。)

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

タカハタ道・ツツジオ谷登山口までの交通、金剛登山口バス停・駐車場

カトラ谷・タカハタ道(高畑谷)・黒栂谷道・千早本道への道

タカハタ道・ツツジオ谷の登山口へは

  • バスを利用の場合
    南海「河内長野」駅からは南海バスに乗車し、近鉄「富田林」駅からは金剛バスに乗車し両バス共に「金剛登山口」バス停で下車します。
     バスを下車して走ってきた道を少し戻って左の上の写真(振り返って撮影:写真奥の方に「金剛登山口」バス停があります)の所を右折します。
     すると左の下の写真の所に来ます。
  • 車を利用の場合
    府道705号線を金剛山に向かって走って左の上の写真(写真手前の方から走って来ることになります。)のところを左折します。
     すると左の下の写真の所に来ますので、写真で言うと自動販売機の奥をすぐ左に曲がると駐車場の入り口があります。

 そして、左の下の写真の突き当りを左に進みます。(右に行くと千早本道です。)

有料駐車場

車止めゲート手前の道を右に進みます。

車止めゲート手前の道を右に進みます。

 駐車場を超えて(下の写真の砂防ダムも超えて)、もうひとつ大きな砂防ダムの横を通って進むと、やがて写真にあるような車止めのゲートがありますので、ゲート手前の道を右に進みます。

 この車止めのゲートを越えるて行くと”カトラ谷”・”黒栂谷道”コースの登り口に行きます。

大きな砂防ダム

駐車場近くの砂防ダム。

タカハタ道・ツツジオ谷登山口。

登山口。

 ”千早配水場”の前を通過すると、左の写真の場所に来ます。
 タカハタ道(高畑谷)・ツツジオ谷登山口は右のガードレール手前にあります。

登山口

ガードレール手前の道を進みます。

狭い道。

 タカハタ道(高畑谷)・ツツジオ谷登山口から少しの間、狭い道を進みますので注意します。

腰折滝

腰折滝

 登り続けていると、右側の木々の間から”腰折滝”が見えてきます。

最初の難関、ロープを持って岩を登ります。

 滝から登山道に戻って、岩場に備え付けられているロープをしっかり持って岩場を登ります。

もう一つの岩場。

 もう一箇所の岩場、ここも注意して進みます。

朽ちて一部が壊れている、丸太の道。

朽ちて一部が壊れている、丸太の道。

 道幅を確保するように丸太が敷かれていますが朽ちているので、あまり右端を歩かないように足元に注意しながら進みます。

朽ちて一部が破損しています。

通過時は足元に注意。

ツツジオ谷への分岐(木製の橋)。

木の橋、右に行くとツツジオ谷。

 岩場を登ると木の橋があります、この橋を渡って右に進むとツツジオ谷に行きます(左に登り続けるとタカハタ道(高畑谷)ルート)。


 今回はツツジオ谷へ向かうので、この木の橋を渡って右に進みます。
 渡ってすぐの岩場を登ります、右に狭い道があってこの岩場を迂回出来そうに見えますがこの道を進まずに岩場を登った方がこの場を通過しやすいと思います。

金剛山の山中にそびえる廃墟のような不気味な砂防ダム。

金剛山の山中にそびえる廃墟のような不気味な砂防ダム。

 金剛山の山中にそびえる廃墟のようで不気味な砂防ダム(左の写真は1つ目)を、左から足元に注意しながら越えていきます。

砂防ダムを越えた先の登山道。

砂防ダムを越えた先の登山道。

2つ目の砂防ダム。

 2つ目の不気味な砂防ダムが現れます、こちらも左から越えていきますが滑りやすいので濡れている時や冬の凍結時は時に注意。


砂防ダムを越える道の様子。

通過時に滑らないように注意。

3つ目の砂防ダム。

 3つ目の砂防ダムが現れます、こちらも左から足元に注意して超えていきます。

山深い金剛山の登山道

山深い登山道

 大きな石が落ちていますので、足元に注意しながら進みます。

山深い登山道

 沢に出来ている氷、冬に登るとかわいらしい形のものや変わった形のものなど色んな形の氷が出来ています。
 でも登山道も凍結していたりしますので、注意してください。

金剛山の滝

金剛山の滝、ツツジオ谷1つ目

 ツツジオ谷1つめの滝、滝の両端が凍っていました。

金剛山の滝、ツツジオ谷2つ目。

 ツツジオ谷2つめの滝、たくさんのつららが出来ていましたが日に光が当たって溶けて時折大きな音をたてて落ちていました。(つららが出来ていて、暖かい日は滝に近付かない方がいいかもしれません。)


 この滝を越えた辺りから登山道の登りがきつくなります。

十分に注意して登る必要がある所があります。

十分に注意して登る必要がある所があります。

 写真にある場所も注意が必要ですが、この手前にロープが無く足を滑らせると大変なことになる危険な箇所があります。そういう所では焦らずにゆっくりと足の置き場所など慎重に選んで登るようにします。(もし登るのが恐くなったり無理と思ったら、引き返す事も考えるべきかもしれません。)

登山道の上にも”つらら”が出来ています。

登山道の上にも”つらら”が出来ています。

 冬に行くと登山道の上にある岩場に湧き水(?)で出来た”つらら”があります。
 でも暖かい日は溶けて落下してくることがありますので”つらら”に近付かない方がいいです。

次のページ(その2へ)に進む。

ツツジオ谷を登って金剛山山頂へ。(その1)