タカハタ道(高畑谷)を登って金剛山山頂へ、馬の背で下山。(その2)

タカハタ道(高畑谷)

 金剛登山口バス停からタカハタ道(高畑谷)を登って金剛山山頂へ、下山は馬の背でロープウェイ前バス停へ下山。(2009年9月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などを紹介します。

 タカハタ道(高畑谷)はカトラ谷の様に沢を登ったりロープにつかまって岩を登ったり、谷に沿った道幅が狭い道があるなどフィールドアスレチックの様なコースです、でも登山者が多く踏み跡もしっかりとありますので危険な箇所では十分な注意をすれば大丈夫だと思います。(ある程度のリスクを伴いますので、安全第一という人には向きません。また飲酒後など足元がふらつく場合はこのコースを避けた方がいいと思います。)
 途中に滝もありきれいなコースですが、難点は前述のように危険な箇所があること、また岩場や石がごろごろと落ちている所や倒木があるなど足場が良くありません、重い荷物を持って(背負って)行くのはやめた方がいいかもしれません。(荷物の量に関係なくトレッキングポールがあるといいと思います。)


歩いたコース:
金剛登山口バス停→タカハタ道(高畑谷)→金剛山山頂(山頂広場)→国見城址→転法輪寺→葛木神社→転法輪寺→金剛山遊歩道→馬の背→ロープウェイ前バス停

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

金剛山山頂への急な登りが始まります。

金剛山山頂への急な登りが始まります。

植林の中の急な登りが始まります。

急な登りが始まります。
  • 上の写真の岩
    この岩のもう少し先辺りから登り勾配がきつくなります。
  • 下の写真の岩
    この岩の少し先辺りで、登り勾配がゆるくなったと思います。

 こういう大きな岩が斜面にあると、転がってこないか心配になります。

急な登り。

急な登りが終わっても、金剛山山頂までまだしばらく掛かります。

木の根が無数の蛇のよう。

 急な登りが終わっても、もうしばらく登りが続きます。

 木の根が無数の蛇のようになっています、足を引っ掛けて転倒しないように注意します。

ここで登りは、ほぼ終わり。

 この写真の所で登りは、ほぼ終わりです。


天気が悪い為に遠景が望めません。

遠景が望めそうな所ですが、この日は天気が悪い為に遠景が望めませんでした。

金剛山の山頂近くのブナの木。

ブナの木。

 金剛山の山頂近くまで来ると、立派なブナの木に出逢えます。


お花

ひっそりと咲いていたお花。

六地蔵さん

六地蔵さん

 六地蔵さんの前を行きます、この六地蔵さんの手前にも小さな1体のお地蔵さんがいます。


お地蔵さん

ひっそりと1体だけのお地蔵さん。

カトラ谷ルートとの合流、そして金剛山山頂広場(下側)に到着。

カトラ谷ルートとの合流。

 金剛山山頂へは右に進みます、山頂まではあともう少しです。(左に行くとカトラ谷です。)
 ここまで来ると金剛山山頂広場で遊ぶ子供(中には大人も)たちの声が、はっきりと聞こえます。

金剛山山頂広場(下側)に到着!!

 金剛山山頂広場(下側)に到着です。

国見城址

国見城址

 写真には誰も写っていませんが、この日(シルバーウィークでお休み)はたくさんの人が金剛山山頂にいました。


 2・3組の記念撮影を待った後に、隙を見てこの写真を撮影しました。

国見城址からの遠景。

 国見城址からの遠景です、この日は天気があまり良くなかったので遠くはかすんでいました。


 また左の写真で言うと右手奥の階段を登ると関空方面がよく見えるポイントがあります、この日は時間も遅いこともあって見に行くのを諦めました。

転法輪寺

転法輪寺

 転法輪寺をお参りすべく本堂の前に行ったのですが、先に来ている人が何やら長くなりそうなお経を唱え始めたので、先に葛木神社をお参りすることにしました。

転法輪寺の境内で咲いていたお花。

転法輪寺の境内で咲いていたお花。

葛木神社

葛木神社。

 葛木神社には誰もいませんでしたので、いつもと同じように日頃の感謝と今後の無事などをお祈りしました。


葛木神社からブナ林へ。

葛木神社からブナ林へ。

ブナ林、ブナ林から望む大和葛城山。

ブナ林から望む大和葛城山。

 この日は大和葛城山の向こうに、奈良の街並みがかすかに見えていました。


 そして、なぜかこの日は鳥の声が余り聞こえませんでした。

ブナ林から転法輪寺へ。

ブナ林から転法輪寺へ。

 再び転法輪寺へ戻ります、一旦ブナ林から「一の鳥居」へ向う道に出て、すぐに左に入っていく細い道がありますのでそこを進みます。


 ただこの道は狭い所がありますので、要注意です。
 また途中に分岐がありますが、左に進みます。

転法輪寺。

 転法輪寺に戻ってくると誰もいませんでしたので、ここでもいつもと同じように日頃の感謝と今後の無事などをお祈りしました。

金剛山遊歩道へ。

金剛山遊歩道へ向かう為に転法輪寺の階段を下ります。

金剛山遊歩道、そして下山道へ。

金剛山遊歩道。

 この日は午後4時を過ぎても、金剛山ロープウェイへ向かう人がたくさん金剛山遊歩道を歩いていました。

下山道の入り口。

 「文殊岩屋」の分岐を見送りしばらく進むと左の写真のようなところに来ますのでここを下りて行きます。


 この時、暗くなり始めていたので、急いで下山しました。

馬の背を下り始めたところ

下り始めたところ

 この道は下り始めたところは緩やかな勾配ですが、だんだんと険しくなります。


 転倒しないように注意します。

薄暗い植林の中から少し開けた明るい所に出ます。

薄暗い植林の中から少し開けた明るい所に出ます。

 薄暗い植林の中から少し開けた明るい所に出ます、ふと右を見ると木々の間から海が見えました。


木々の間から海が見えました。

夕焼け色に染まる海が見えました。

今回は、ここを左に下りることにしました。

 前回この道を下りたときはここを右に進んだのですが、今回は、ここを左に下りることにしました。


 ここをどちらに進んでも下で合流します。

道の様子。

右に進みます。

 上の分岐を右に行くより、左に下りた方が道がいいような気がします。(印象は、人によるかもしれません。)


 そして下で、上の分岐を右に行った道と合流し、念仏坂から下ってきた車も通る舗装路と合流します。

ロープウェイ前バス停。

ロープウェイ前バス停に着く頃には、日没となりました。

 ロープウェイ前バス停に着く頃には日没となりました、下山途中でライトを用意しようかと思いましたが、今回は まだ少し明るいうちに念仏坂からの舗装路に出られたので助かりました。

帰路に

 今回の登りルートのタカハタ道(高畑谷)は狭い所が多く、下山してくる人とのすれ違いに注意しないとどちらかが広い所まで後退しなければならなくなります。

 また下山の時にはそうでもなかったのですが、タカハタ道(高畑谷)では撮影時に蚊の襲撃を受けて何箇所も刺されました、夏季・初秋に写真の撮影や絵を描く場合などゆっくりしたい場合は虫対策が必要です。(普通に歩く場合でも、必要かもしれません。)
 また今回は蚊以外にもバッタ(多分)が私の前を横断したり、尺取虫みたいな虫が木の枝から糸を出してぶら下がっていたり、その他にもカマドウマみたいな虫やザトウムシ(?)と思われる虫とたくさん会えました。

タカハタ道(高畑谷)を登って金剛山山頂へ、馬の背で下山。(その2)