金剛山登山 千早本道と文殊尾から馬場谷。(その2)

千早本道

 金剛登山口バス停から千早本道で山頂に向かい、下山は文殊尾から馬場谷へ下りロープウェイ前バス停へ。(2009年3月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などを紹介します。

 登りの千早本道は一番ポピュラーな金剛山の登山道で、歩いている時は常に人の声が聞こえてくるほど利用する人が多い道です。また千早本道はよく整備されている道で大変歩きやすい為 金剛山登山をこれから始めるという方はこの道を利用するといいと思います。


歩いたコース:
金剛登山口バス停→千早本道→金剛山山頂→転法輪寺→葛木神社→転法輪寺→金剛山遊歩道→文殊尾→馬場谷→ロープウェイ前バス停
[ 地図(一部) ]

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

葛木神社

葛木神社

 転法輪寺でも葛木神社でも、日頃の無事に感謝を申し上げて今後の事とこれからの山行の無事もお祈りします。

葛木神社の狛犬さん
葛木神社の狛犬さん

葛木神社の近くにあるブナ林

葛木神社の近くにあるブナ林

 国見城址のところからの眺めと、葛木神社の近くにあるブナ林から見える風景もきれいなので毎回楽しみです。(ここの風景も見ておかないと金剛山の頂上に来たような気がしません。)


 遠くに見えるのは大和葛城山ですが、あそこからダイヤモンドトレールを金剛山まで歩いてくる人もいます。

文殊尾

文殊尾の入り口

 ブナ林から転法輪寺まで戻って、ロープウェイの近道と書かれた「金剛山遊歩道」をロープウェイに向かって歩きます。

 「金剛山遊歩道」を進むと左の写真の所に来ます(文殊岩屋や金剛山ロープウェイの道しるべの手前)、ここを右に入っていきます。

金剛山ロープウェイの道しるべ

ここまで来ると来過ぎています。

文殊尾のブナ林

 文殊尾に入るとしばらくはブナの木の中を歩きます、ここから先は道に木の根が出ていたり石ころもありますので足元に注意し、それらを出来るだけ踏まないように・つまずかないようにします。

分岐点

 確かここだった はずですが道が左右に分かれる分岐点があります。(写真では分かりにくいですが・・・。)


 この時に踏み跡がしっかりしているように見えたのは右(馬場谷方面)です、左は伏見峠から下りてくる道と合流しますが 私の感じでは左の道はこの合流までが険しいように思います。


 この時は右に進みました。

笹床の林

 植林の中は暗いのですが、自然林に出ると3月は木の葉がまだ茂っていないので明るくなります。


 笹が地面を覆っています、でも道を隠すほどではないので安心です。

分岐点

 小さなコンクリートの棒のような物があり、左右に道が分かれます。


 コンクリートの棒にはマジックのような物で左に矢印を書いて”ババ”とありましたのでどちらに行っても馬場谷に向かうようです、この時は右側に進みました。

険しくなる道

 だんだんと道が険しくなります、足元に気を付けてゆっくり下りていかないと転倒します。
 また一度下りるスピードに勢いがついてしまうと止まれなくなるので、ゆっくり下りて行くようにします。

馬場谷

妙見谷と馬場谷との分岐点

 さらに下山を続けると、左の写真にあるようなコンクリートの棒が再びあります。


 地図を持っているとこういう道しるべでも、自分がどちらに進むべきか分かるので助かります。

険しくなる道

 下りの勾配がきついので、注意して下山します。

砂防ダムを越えていく。

 砂防ダムがあるのでこれを越えて行きますが、ちゃんと道があるので安心して歩けます。


砂防ダム

 ここまで来るともう少しで、府道に出られます。

馬場谷の延命水?

 府道に出る手前に水場があります、地図を見るとこの水場は「馬場谷の延命水」だろうか?


 ブラシも置いてくれているで、靴の泥を落とせます。
(多分ブラシはその為に置いてくれていると思います。)

府道に出たところ。

 水場を過ぎると程なくして府道に出ます、府営駐車場は左に登っていきます。


 車に注意、特に下る車のスピードが出ていますので道路を渡る場合は注意が必要です。もちろん府道を歩く場合も車には注意。

帰路に

 金剛山の登山道の中で一番ポピュラーな「千早本道」は歩いている人の数も多く、道もデコボコしておらずよく整備され歩きやすい道だと思います。家族連れや金剛山登山をこれから始めるという方は登りだけでなく下山もこの道を利用するといいと思います。


 本当は馬場谷ではなくて、文殊尾から伏見峠から下りてくる道へ出て「百ヶ辻」へ下りてくる予定でしたが、最初の分岐点で地図を見ずに踏み跡だけで進路を決めてしまったので予定とは異なることになってしまったようです。

 ”下りる方角さえ間違ってなければ府道に下りられる。”と思うのですが、やはり山の中での分岐点では慎重に地図を確認すべきと反省するのでした。

金剛山登山 千早本道と文殊尾から馬場谷。(その2)