水越峠からダイトレで金剛山山頂へ、文殊尾で下山。(その2)

ダイヤモンドトレール(ダイトレ)からの風景

 「水越峠」バス停からダイヤモンドトレール(ダイトレ)で金剛山山頂へ、下山は文殊尾でロープウェイ前バス停・府営駐車場へ下山。
(2009年4月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などを紹介します。

 水越峠からのダイトレは登山者が多く道もしっかりとしています、千早本道などの道では距離的に短く物足りないという方向けのコースだと思います、体力がついてきたらチャレンジしてみて下さい。
 難点は水越峠からカヤンボまでの林道で恐らく夏は日光が容赦なく照り付け道からの照り返しも強いと思います、またスタート地点である水越峠までの交通で、「水越峠」バス停のバスの本数が極端に少なく、駐車場も大きくないので すぐ満車になり路上駐車する車が多く路肩に”ずらー”と並び、登山口から離れたところに車を駐車しなければならないことがあります。


歩いたコース:
「水越峠」バス停→ダイトレ→金剛山山頂(一の鳥居)→葛木神社→転法輪寺→国見城址→金剛山遊歩道→文殊尾→ロープウェイ前バス停・府営駐車場
[ 地図(一部) ]

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

一の鳥居から葛木神社近くのブナ林へ

一の鳥居から葛木神社近くのブナ林へ

 一の鳥居から葛木神社近くのブナ林へと向かいます。


 この道はときどき車が通ります、特に登り勾配のきついところでは勢いを付けて登ってくるので注意しなければなりません。

 それにしても道の両脇に立っている木は立派な木です。

葛木神社近くのブナ林から大和葛城山を望む。

 この日は、かすんでいましたが大和葛城山が見えました。
 天候などの条件が良ければ、大和葛城山の奥に奈良方面の街並みもきれいに見えるのですが、この日は見えませんでした。


 大和葛城山の山頂はまだ冬枯れの状態のようで肌色に見えます。

葛木神社を参拝。

葛木神社

 いつも同じなのですが、日頃の感謝と今後の無事をお祈りします。


ブナ林から葛木神社へ

ブナ林から葛木神社へ

転法輪寺を参拝。

転法輪寺 牛王(ごおう)さん

 夫婦杉を超えて、転法輪寺にやってきました。


 夕方になると賑わっていた金剛山山頂もひっそりとしますので、ゆっくり参拝できす。また牛王(ごおう)さんのお鼻も触ります。

お守りを売っている所も閉店していた。

 訪れた時間が遅かった為か、お守りなどを売っている窓口も閉まっていて、ほかに人もいないのでひっそりしています。


 なんだか、どこかのひなびた温泉地に来たような感じがします。

国見城址

誰もいない国見城址

 ここも誰もいない・・・。
 賑わっている時は「金剛山頂」の標示と時計のところで記念撮影する人が順番待ちするほどなのですが・・・。


 いつもと違った金剛山の姿が見れた様な気がします。

下山のため、文殊尾へ

文殊尾へ

 金剛山ロープウェイの近道と書かれた「金剛山遊歩道」を金剛山ロープウェイに向かって歩きます。


 すると左の写真の所に来ますので、右に入っていきます。(「金剛山ロープウェイ」と書かれた標示のところまで行くと文殊尾への分岐を通り過ぎていますので来た道を少し戻って分岐を探してください。)

文殊尾へ

 「金剛山遊歩道」とは違って整備されていませんので木の根などに足を引っ掛けたりして転倒しない様に注意します。
 木の根を踏むと根が傷むので踏まないようにします、木の根を踏むことは人の足を踏むのと同じで木が痛がるそうです。(子供の頃に聞いたお話。)

岩屋文殊からの道と合流

 「岩屋文殊」からの道が左から(左の写真では右から)合流してきます、この辺りのブナの木は葉が無くてもきれいな姿です。


ブナ林

 左と上の写真は振り返って撮影しています。

植林と自然林の境界を歩く。

 植林と自然林の境界を歩きます、訪れた時は早春で自然林にはまだ葉が無いので日の光が届いて道を照らしてくれますが植林に入ると暗くなります。
(植林の中は暗くなるので1人で歩くのは少し恐いかも・・・)

馬場谷への道との分岐

馬場谷への道との分岐

 右に行くと馬場谷へと下りて行きます、今回は左に下りて行くことにします。(馬場谷への道のほうが下りる人が多いためか踏み跡がしっかりしているような感じです。)

下りていくと、だんだん険しくなる道。

前半は緩やかな道。

 馬場谷への道との分岐を過ぎてしばらくは緩やかな下りで、植林が切れて周りが開けたところでは金剛山ロープウェイのケーブルが見え、遠くから「本日は金剛山ロープウェイをご利用いただき・・・」というロープウェイの発車の放送などが聞こえてきます。

険しくなってきた道。

 下りの勾配がきつくなってきます。 もしかしたら、馬場谷の方が歩きやすいかもしれません。


 足元に注意して、ゆっくり下りないと転倒します。

転倒して振り返って撮影した写真。

 「足元に注意して、ゆっくり下りないと転倒します。」と言っておきながら、下りる勢いがつき過ぎて転倒して振り返って撮影したのがこの左の写真。


 背中に背負っていたザックのおかげで、頭を岩にぶつけずに済みました。

伏見峠からの道と合流。

伏見峠からの道と合流。

 伏見峠からの道と合流します、ここまで下りてくるとこの先の道は整備されていますので安心です。

百ヶ辻

百ヶ辻

 「千早のトチノ木」(大阪府指定天然記念物)を過ぎて、まもなく府道に出ます。(この写真は振り向いて撮影しています。)


 この向かいに「ロープウェイ前」バスターミナル、「府営駐車場」へは府道に出て左に少し登るとあります。

帰路に

 この日は府営駐車場の付近で、待っていてくれた迎えの車に乗って帰りました。

 水越峠からのダイトレルートは途中に階段が長く続くところがありますが、前半の林道から見える山々のきれいな山容や旧パノラマ台から見える奈良方面のきれいな風景などを楽しめます、また一の鳥居の手前のブナを含む自然林もきれいです。

 道の様子ですが、ダイトレはさすがによく整備されて道しるべも多く設置されているので、迷うことはほとんど無いと思います。下山に利用した文殊尾の道は踏み跡を追いながら進むことになり、後半は険しい道になりますので注意が必要です。

水越峠からダイトレで金剛山山頂へ、文殊尾で下山。(その2)