水越峠からダイトレで金剛山山頂へ、文殊尾で下山。(その1)

ダイヤモンドトレール(ダイトレ)からの風景

 「水越峠」バス停からダイヤモンドトレール(ダイトレ)で金剛山山頂へ、下山は文殊尾でロープウェイ前バス停・府営駐車場へ下山。
(2009年4月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などを紹介します。

 水越峠からのダイトレは登山者が多く道もしっかりとしています、千早本道などの道では距離的に短く物足りないという方向けのコースだと思います、体力がついてきたらチャレンジしてみて下さい。
 難点は水越峠からカヤンボまでの林道で恐らく夏は日光が容赦なく照り付け道からの照り返しも強いと思います、またスタート地点である水越峠までの交通で、「水越峠」バス停のバスの本数が極端に少なく、駐車場も大きくないので すぐ満車になり路上駐車する車が多く路肩に”ずらー”と並び、登山口から離れたところに車を駐車しなければならないことがあります。


歩いたコース:
「水越峠」バス停→ダイトレ→金剛山山頂(一の鳥居)→葛木神社→転法輪寺→国見城址→金剛山遊歩道→文殊尾→ロープウェイ前バス停・府営駐車場
[ 地図(一部) ]

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

登山口までの交通、「水越峠」バス停・水越川公共駐車場

「水越峠」バス停

スタート地点のダイトレ(水越峠)の登山口へは

  • 金剛バスを利用の場合
    近鉄「富田林」駅から金剛バスに乗車し「水越峠」バス停で下車します。
    ※注意 バスは土日祝の1日4便しかありません。
  • 車を利用の場合
    国道309号線 水越トンネル手前を右に入り旧国道を進んで水越川公共駐車場か、水越峠バス停手前の小さな駐車スペースに車を駐車しますがどちらも満車になりやすいので付近に路上駐車することになるかもしれません。
    ※注意 バスが通りますので路上駐車する場合は出来るだけ路肩に寄せる必要があります。
    水越トンネル手前の旧国道入り口

    水越トンネル手前を右に入る。

 駐車場・バス停から、さらに登ってダイトレ(水越峠)の登山口へ向かいます。

水越川公共駐車場

ダイトレ(水越峠)登山口

ダイトレ(水越峠)登山口の1つ目のゲート

スタート地点のダイトレ(水越峠)の登山口(左の写真)、ゲートの端から入っていきます。
 するとすぐに2つ目(下の写真)のゲートがあり、これもゲートの端から入っていきます、2つ目のゲートの脇に屋根のある休憩所があります。

2つ目のゲート

ガンドガコバ林道(ダイトレ)

ガンドガコバ林道からの風景

 春先でも晴れていると汗ばむほど日の光に満ち、そして周りの山容がとてもきれいな道です。


ガンドガコバ林道

金剛山・葛木神社まで4.5km
水越峠まで0.5km

ガンドガコバ林道

 しばらく登ると左の写真の所に来ます、このS字カーブの先の左側に小さな川(↓)があります。

ガンドガコバ林道のそばを流れる川。

 あまり良いことではないかもしれませんが、夏など暑い時にこの川に足を入れて冷やしたら気持ちがいいだろうなと思います。

ガンドガコバ林道のコンクリートで出来た橋。

 この橋までは割りとガンドガコバ林道は開放的でしたが、ここからは両側に山が迫ってきて”いよいよ登山”という感じになります。


 この少し先にある道しるべには”金剛山・葛木神社まで3.5km 水越峠まで1.5km”とあります。


金剛の水

金剛の水

 訪れた時は水量も多くきれいな水でした、他の登山者もミニペットボトルに金剛の水を汲んで先を急いでいました。
 私も飲んでみましたが、おなかを壊すことはありませんでした。でも敏感な方は飲まない方がいいかもしれません。

金剛の水

カヤンボの分岐点

カヤンボの分岐点

 ここを道しるべに従って左に曲がり橋を渡ります、もう少しで休憩できる小屋があります。
 金剛山・葛木神社まで3.0km

カヤンボの分岐点にあった道しるべの一つ。

 ここを曲がらずに、そのまま進んで「六道ノ辻」経由・モミジ谷を登って金剛山へ向かう道もあるようです。

カヤンボの分岐点からは山道

カヤンボの分岐点からは山道

 カヤンボの分岐点から先は、いよいよ山道で階段があったり・道に木の根が飛び出していたりするので足元にも注意して進むことになります。

カヤンボの休憩小屋

カヤンボの休憩小屋

 カヤンボの分岐点からすぐのところに休憩小屋があります。

カヤンボの休憩小屋

トイレや電気もありませんが、急な降雨には助かります。

旧パノラマ台

旧パノラマ台手前の階段

 旧パノラマ台手前の階段、道しるべには「金剛山・葛木神社まで2.7km 水越峠まで2.3km」とあります。

旧パノラマ台からの風景

 旧パノラマ台からの風景、奈良方面の街並みがきれいに見えます。 またこの時は足元のように見えるふもとに、のどかな棚田の集落風景も見えました。


 道しるべには「金剛山・葛木神社まで2.4km 水越峠まで2.6km」とあり、だいたいこの辺りが中間地点のようです。

どちらに進んでもすぐに合流する分かれ道。

どちらに進んでもすぐに合流する分かれ道。

 「金剛山・葛木神社まで2.0km 水越峠まで3.0km」という道しるべを過ぎると、道が左右に分かれます。


 どちらの道を進んでもこの先で合流します。

町石

町石

 分かれ道を過ぎた辺りから町石が道の傍らに立っています、この町石は昔から金剛山登山者の往来を見つめ続けてきたのでしょう。

大和葛城山が見える休憩所。

大和葛城山が見える休憩所。

 写真にあるようなベンチがあります、ちょっと立ち木が邪魔かもしれませんが大和葛城山が見えます。

大和葛城山

見えやすいポイントから撮影。

 休憩所近くの道しるべには、「金剛山・葛木神社まで1.0km 水越峠まで4.0km」とあります。

休憩所からの階段

休憩所からの階段

 大和葛城山が見える休憩所から長い木の階段を登っていくことになります、でも歩を進めると古い町石や現代の「ダイヤモンドトレール」の新しい石碑が道の傍らに現れて”頑張れ!!”と応援してくれます。

頂上に近付くと周りが植林から自然林に。

 頂上に近付くと周りが植林から自然林に変わります。

頂上近くの自然林
休憩所からの階段を登りきると平坦な道に。

 長い木の階段を登りきると平坦な道になり、湧出岳の大きなアンテナが木の間から見えてきます。

 また一の鳥居に出るまでに「高天」方面からの道(郵便道)との合流点があります。(そこには道しるべもあります。)

「高天」方面からの道(郵便道)。

「高天」方面からの道(郵便道)。

金剛山山頂(一の鳥居)に到着。

金剛山山頂(一の鳥居)に到着。

 金剛山山頂(一の鳥居)に到着、一の鳥居に出た所に古い道しるべもあります。


一の鳥居の所にある古い道しるべ。

一の鳥居の所にある古い道しるべ。

次のページ(その2へ)に進む。

水越峠からダイトレで金剛山山頂へ、文殊尾で下山。(その1)