水越峠から青崩道で金剛山山頂へ、念仏坂で下山。(その1)

青崩道

 葛城登山口バス停から青崩道で金剛山山頂へ、下山は伏見峠から念仏坂でロープウェイ前バス停・府営駐車場へ下山。
(2009年3月)

 ここではその時の写真を使って、道の様子などをご紹介します。

 水越峠からの青崩道も意外と登山者が多く道もしっかりとしています、千早本道などの道では距離的に短く物足りないという方向けのコースだと思います、体力がついてきたらチャレンジしてみて下さい。
 難点は道中に水場が無いことと スタート地点である水越峠までの交通で、葛城登山口(水越峠も)バス停のバスの本数が極端に少なく、駐車場も大きくないので すぐ満車になり路上駐車する車が多く路肩に”ずらー”と並び、登山口から離れたところに車を駐車しなければならないことがあります。


歩いたコース:
葛城登山口バス停→青崩道→金剛山山頂→転法輪寺→葛木神社→一の鳥居→ダイヤモンドトレール→伏見峠→念仏坂→ロープウェイ前バス停・府営駐車場
[ 地図(一部) ]

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

青崩道 登山口

トイレ

スタート地点の青崩道(水越峠)の登山口(左下の写真)へは左上のトイレの裏にある道を少し登っていきます、すると右に「金剛山頂上まで2時間」と書かれた板が立てられた青崩道の登山口があります。

  • 車を利用の場合
    水越トンネル手前を右に入り旧国道を進んで水越川公共駐車場か、水越峠バス停手前にも少し駐車スペースがありますがどちらも満車になりやすいので付近に路上駐車することになるかもしれません。
    ※注意 バスが通りますので路上駐車する場合は出来るだけ路肩に寄せる必要があります。
  • 金剛バスを利用の場合
    近鉄「富田林」駅から金剛バスに乗車し「葛城登山口」バス停で下車し、バスの進行方向へ登って国道を右側に渡り水越トンネル手前で右に入る旧国道を進んで左上のトイレの所まで進んでトイレ裏の道を青崩道の登山口まで少し登ります。
    ※注意 バスは土日祝の1日4便しかありません。
青崩道の登山口

青崩道

青崩道

 素直に踏み跡を追いながら歩けば迷うような所は無かったように思います、また道には岩場があったりします。(左の写真は登り始めたところの青崩道の様子。)


 青崩道の道中の何箇所かで展望がいいところがあります。また青崩道は「セト」を経て国見城址に出ますが道終盤にブナを含む雑木林があり冬にはきれいな樹氷を見ることが出来そうです。

青崩道から見えた富田林市方面の眺め。

 しばらく登ると富田林市方面の展望がいいところがあります、この時花の香りがしたので足元を見ると花が咲いていました。


足元で咲いていた花。

足元で咲いていた花

植林の中を進む青崩道

 植林の中を進む道です、この撮影を行ったときは3月下旬で行き交う人の中には花粉症なのかマスクをつけている人が多かったように思います。


木の間からふもとの家や道が見えます。

木の間からふもとの家や道が見えます。

水分道との分岐点。

水分道(左)との分岐点

 この写真は振り返って撮影しています、水分道は左の道で青崩道は右の道です、登りでは間違えないでしょうが、下山時には注意が必要かもしれません。
(今回は右の道を登って来ています。)

水分道の道案内が木の幹に書かれている。

道案内が木の幹に書かれている。

 水分道はかなりの長距離コースとの事。

大和葛城山を望む

大和葛城山を望む

 手前の木がまだ小さい(幼木)のでかろうじて大和葛城山が見えましたが、木が成長すると見えなくなるでしょう。


 この場所の標高はまだ大和葛城山の頂上より低いため、向こうの頂上付近の側面しか見えていません。

古い石碑

古い石碑

 古い石碑があります。

植林の中に立つ電柱

電柱

 植林の中に電柱が立っています、ここまで来たら「セト」まであともう少しです。


何の設備だろう?

何の設備か分かりませんが右側に建物があります。

セト

セト(直進すると金剛山山頂・右に下りていくと黒栂谷道で金剛登山口バス停へ)

 直進すると金剛山山頂へ・右の谷に下りていくと黒栂谷道で金剛登山口バス停へと向かいます。


セト(直進すると金剛山山頂・右に下りていくと黒栂谷道で金剛登山口バス停へ)

岩場

岩場

 大きな岩がごろごろとあります、転倒すると岩に体をぶつけますので足元に十分注意しながら進みます。


 トレッキングポールの必要性について意見が分かれるそうですが、トレッキングポール(出来れば2本)があるとこういう岩場でも4本足になり体を安定させやすく、4WDになることで1本の足に力を集中させずに済むので足が滑りにくくなります。

ブナを含む雑木林

ブナを含む雑木林

 金剛山山頂に近付くと道の周りが植林からブナを含む雑木林に変わります、撮影の時には野鳥の姿も見ることが出来ました。

ガイドブックにも目安として登場する2つの大きな石。

ガイドブックにも目安として登場する2つの大きな石。

 ここから登りが楽になる目印としてガイドブックなどに登場する2つの大きな石。


 でもこの2つが転がり始めないかと心配になり、古いかもしれませんがハリソン・フォード主演の映画「インディージョーンズ」で、洞窟の中で大きな丸い岩が転がりながら襲いかかってくるシーンを思い出しました。

金剛山山頂への最後の階段

最後の階段。

 この階段のところまで来ると上の方から人の声が聞こえてきます。ここを登ると国見城址の広場の記念撮影がよく行われている”金剛山頂”の標示や時計があるところに着きます。

記念撮影がよく行われている”金剛山頂”の標示や時計

この裏にある階段です。

金剛山山頂に到着。

国見城址からの風景

 金剛山山頂に到着して、国見城址の広場からの見えた風景です。

次のページ(その2へ)に進む。

水越峠から青崩道で金剛山山頂へ、念仏坂で下山。(その1)