中高年の金剛山とその周辺の山々登山ガイド

金剛山文殊尾のブナ

 私も学生時代に耐寒登山で金剛山に登っていました、水越峠から紀見峠まで歩いたのが一番大変だった記憶があります。でも学校を卒業してからはずっと登らなくなりました。
 それなのに中高年になった今、新しい被写体を求めてまた登るようになりました、金剛山では学生時代の耐寒登山の記憶が時折よみがえります。

 ここでは最近カメラを持って再開した登山で私が使用している装備などを紹介しますので、皆さんの登山の準備に役立ててもらえればと思います。

** ご注意 **

◇ ここで紹介することが登山のセオリーに反することがあるかもしれません、参考と考えてください。
  (ここでは、金剛山とその周辺の山々(岩湧山など)を対象としています。)
◇ 個人差などもありますので、ご自分の体力などに合わせた無理の無い登山を行ってください。
  (中高年の方は(私も含めて)、もう若くないことを自覚するようにしましょう。)
◇ 商品の紹介・リンクがありますが、これらは登山用品ショップなどのページにリンクしています、購入に関する条件等 詳細はリンク先
 のショップページにてご確認ください。

金剛山とその周辺の山々について。

 金剛山で標高が1,125mですので、金剛山も含めその周辺の山々も特別な装備を必要としないと思いますが、油断すると遭難してしまいますので決して甘く見ないことです。

 金剛山や岩湧山といった有名な山やダイトレは多くの人が歩いていますので事故があってもレスキューを受けやすいと思いますが、登山者が少ない南葛城山などでは何かあっても自分や同行者だけで対処することになると思います。 また滝畑ダム奥から南葛城山へ向う道のように道しるべが少なく迷いそうな分岐が多いコースもあり、迷子にならないように注意しなければならない山やコースもあります。

 チャレンジしようとする山やコースについて、ガイドブックや地図・インターネットのホームページで登山道の様子や交通手段など予め十分チェックしておくようにします。(”全て行ったその時、その場で考える。”というのは絶対にやめた方がいいです。)

持ち物・装備品について。

 私が登山に持って行っている装備を紹介しますので、参考にしてください。

登山の装備 足回り

 登山靴・靴下・トレッキングポール・アイゼンなど。

リュックサック

 リュックサックやウエストバックなど。

地図・コンパス

 地図やコンパスは、必ず持って行きます。

ウェア

 服装・レインコート。

GPS・高度計

 GPS・高度計、特にGPSがあると心強い。

ラジオ・ライト

 携帯ラジオには雷の接近時にノイズが入ります。

食料と飲料水(水筒など)

 食料と飲料水は持って行くようにします。

 ここでは紹介しておりませんが、山中でも所によっては携帯電話が使用できますので持って行くといいです。ただ携帯電話は圏外での電気の消費量が多くなるようで通常よりバッテリが早く消耗します、バッテリ容量が少ない薄型の携帯電話は入山後に携帯電話の電源をOFFにした方がいいです。

登る季節について。

 基本的にはどの山も夏の盛りは避けた方がいいです。

  • 春に登る。
    花粉症の人は花粉対策をしっかりとしておく必要があります。
     また、4月いっぱいくらいまでは天気予報に注意し「日本上空に寒気が入ります。」とあれば、防寒の装備も持って行く必要があると思います。(過去4月28日に金剛山へ登ったのですが、この時の山頂気温は5℃でした。ふもとではそれほど寒くなくても金剛山山頂は冷える場合がありますので要注意です。)
  • 夏に登る。
    暑さでバテやすいので、歩行距離を短くし余裕を持ったスケジュールにします、また天気予報に注意して「大気の状態が不安定で雷雨に注意」とあれば、計画を延期した方がいいと思います。
    ※ 金剛山
    山頂に売店もあり山頂付近は涼しいですが、それでも山頂までの登りでは暑い思いをしますので飲料水などが必要です。
    ※ 岩湧山
    山頂に売店(トイレはあります)はありませんので、ふもとから飲料水を持っていく必要があります(岩湧野外活動広場の近くに自販機がありますが、売切れの場合があります。)、また山頂のカヤ場には一本も木が無いのでまともに日射を受けます。
  • 秋に登る。
    軽く羽織れる上着を持っていくといいです、日没が早いので早めに下山します。 山頂では日の光が残っていても、下山していく内に日没がせまり谷間や植林に入るとかなり暗くなります。(ライトを必ず持って行くようにします。)
  • 冬に登る。
    冬はアイゼン・防寒着を持って行くようにします、また秋同様に日没(日没後は一気に気温が下がります。)が早いので早めに下山します。(念の為にライト(必須)・使い捨てカイロを持って行くといいです。)
     降雪時は(積雪で)雪に登山道の踏み跡を隠されて道が分からなくなる場合がありますので、天気予報に注意して降雪の可能性がある場合は計画を延期するかコースを再検討した方がいいと思います。

いずれの場合も天気予報に注意し、無理の無い計画でその時々に適した服装・装備にします。

金剛山・岩湧山を登り始めるコースについて。

 金剛山と岩湧山は人気のある山ですので、登山者も多く安心して登ることが出来ます。

  • 「金剛山」
    「千早本道」から始めるといいと思います、慣れて体力も付いてきたら「水越峠からのダイトレコース」の登山がいいと思います。
  • 「岩湧山」
    「きゅうざかの道」から始めるといいと思います、慣れて体力も付いてきたら滝畑ダム奥からのダイトレコースの登山がいいと思います。

 初心者コースとも言える登山コースではありますが、十分な準備(行き帰りのバスなどの交通のダイヤなども調べておく事)と余裕を持たせた計画で登山してください。
 また私にも言えることなのですが、今後のことも考えて登山しながら地図の見方にも慣れておくと他の山やコースに挑戦する時に大いに役立ちます。

中高年の金剛山とその周辺の山々登山ガイド