足回りの装備

金剛山文殊尾のブナ

 山を人力で登りますので靴などの装備はとても重要な装備で、街歩きの靴で行くのと登山靴で行くのとでは疲労度に大きな差が出ます、また街歩きの靴では途中足が痛くなってその痛みが何日も消えずつらい思いをすることもあります。コースによっては疲労が出て足も痛くて我慢できなくなり、下山できないということになりますのでしっかり準備します。(特に重い荷物(撮影機材など)を持って行く時は、しっかりと準備して登るようにします。)

 以下に商品の紹介・リンクがありますが、これらは登山用品ショップのページにリンクしています、購入に関する条件等 詳細はリンク先のショップページにてご確認ください。

登山靴

 登山靴は靴底が硬く、石などの突起物を踏んでも形状が変わりにくくなっています、このためあまり足の裏の一点に体重がかかるということが無いようになっています。
 運動靴などでは底が柔らかく出来ていますので走るのにはいいのですが、石や木の根を踏むと靴底が変形し足の裏の一点に体重がかかります(極端な言い方をすると突き刺さるような感じ)、人間は無意識に足の中指の付け根辺りで石や木の根を踏もうとします(体を安定させやすいため)ので、ここに何度も体重がかかりやがて痛みが激しくなって歩けないまでになることがあります。

 また靴裏にも違いがあり、登山靴ではゴツゴツした形状でちょうどオフロードバイクのタイヤのようになっていて、岩場などでは岩の凹凸などに引っ掛けて滑らないようにして登りやすくなっています。

登山では舗装・整備があまりされていない道を歩きますので、登山靴は必須アイテムです。

 購入の際には可能であればアイゼンとセットで選び購入した方がいいと思います、購入時にお店に”この靴にこのアイゼンは使えますか?”と尋ねてみてください。
 値段的(登山靴)には13,000円位〜20,000円位のもので大丈夫だと思います、あまり高価な登山靴を購入すると登山中に岩などにぶつけて傷を付けたときのショックが大きくなります。

 本当は実際に履いて選んだ方がいいのですが・・・。(登山靴には女性用サイズも各ショップに用意されている場合もありますので、リンク先のお店のホームページでご確認ください。)

【ポイント10倍!】マムート MAMMUT T エナジー GTX ウィメンズ/0632(black−mallow) 品番:3020-04280/MAMMUT T-Aenergey GTX Women【送料無料】【夏山SALE7/8/10:00-7/25/9:59】【10P09Jul16】

バーグハウス berghaus エクスプローラートレックプラス GTX / カラーV35【送料無料】 品番:21637

グランドキング Grandking GK67−03 / 670ネイビー【送料無料】 品番:11673/Grandking

 上記の他にも登山靴が販売されていますので、上記のリンクをクリックしてお気に入りの登山靴を捜してみてください。

靴下

 靴下も登山用を用意します、登山用の靴下は分厚く出来ていますがこれは歩いている時のショックを吸収し靴と足の間に出来る隙間を埋めます、靴と足の間に隙間が出来ると靴擦れなどが出来て痛くて歩けなくなりますので夏でも分厚い靴下を履くようにします。

 登山用の靴下も必須アイテムです。

トレッキングポール・ステッキ

 トレッキングポールを2本持つ人と1本の人がいます、2本あった方が体を安定させやすくひざに掛かる負担を和らげます、ただカメラで写真を撮影する時はトレッキングポールが邪魔になります。(私はベルトにフックを取り付け、写真を撮影する時はトレッキングポールのストラップを引っ掛けられるようにしています。)

 慣れるまで腕がパンパンに腫れますが、使いこなせるようになると体の左右の揺れをトレッキングポールで抑える事ができ、平坦な直線コースでも歩行スピードが上がります、また下りの階段などの段差でもトレッキングポールでブレーキをかけながら下りられます、上りでもトレッキングポールで体を突き上げることが出来ます。
 他にも滑りやすい足場では、ちょうど4WDの車のように力をトレッキングポールにも分散出来るので滑りにくくなり、岩場など足場が悪い場所では4本足になることで体を安定させやすく転倒を防止できます。

 トレッキングポールが2本あると、ひざの負担を軽減できますので登山でひざが痛くなる人は一度トレッキングポールを試してみてください、特に重い荷物(撮影機材など)を持っていく場合は必須アイテムだと思います。

 私はステッキではなく、LEKIトレッキングポールの2本タイプを使用しています。

アイゼン

 金剛山・岩湧山などは軽アイゼンでも大丈夫だと思います、少し高いですが着けたり外したりが容易なものを購入すると便利です。(金剛山ロープウェイは乗車時にアイゼンを外す必要があります、金剛山ロープウェイに乗らない場合でも雪や氷の無いところまで来ると外す必要がありますので、ゴム紐でフックを引っ掛けるだけで装着できるアイゼンの方が便利です。)
 なお心配性の方や高山に挑戦することもある人は本格的なアイゼンを購入してください。(爪が多いほど効き目が良くなります。)

 購入予定のアイゼンが、お持ちの登山靴に装着できるか確認してください。(店舗に出かけてアイゼンを購入する場合は、使用している登山靴も持って行って確認して購入します。)

 冬に登山する場合はアイゼンを忘れずに持って行くべきです、私は冬になると暖かくなるまでザックの中にアイゼンを入れたままにします。(転倒したときにアイゼンの爪で怪我をしないように、専用の入れ物に入れるか新聞紙などで厚く包んで入れるようにします。)

 私は今のところ金剛山や岩湧山などの低山に登るだけなので 4本爪の軽アイゼンを使用しています、LEKIのトレッキングポール(製品によって異なるかもしません、購入時に確認してください。)は先のゴムを取り外すと金属のピックの様になっているので凍結路での滑りを防止できます、アイゼンとの併用でより安定性が増します。

足回りの装備