冬の金剛山登山と、金剛山の雪景色

冬の金剛山登山

 特に徒歩で登る人(もちろん下山も)は金剛山を甘く見ないで冬山の装備(アイゼンや防寒着などを持参)で登山しましょう。(遭難者(道に迷ったり)が出ているとの事。)

  • 雪の重みで木の枝が折れて落ちてきたりします、避けるのは難しいので頭を保護できるものをかぶって行くと安心です。
  • 雪そりを楽しむ子供がいますが、勢いをつけて人に当たったり・勢いあまって谷に転落すると大怪我や場合によっては命に関わりますので保護者の方がしっかりと指導してあげてください。
  • 積雪した日の金剛山ロープウェイは大変混雑します、早めに行動した方がいいです。

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

府営駐車場と金剛山ロープウェイ

金剛山ロープウェイ

 冬は金剛山ロープウェイと近くの府営駐車場は混雑します、また写真にもありますように積雪・凍結しますので車を利用する人は車にも冬の装備が必須となります。

府営駐車場

府営駐車場

冬の積雪時は早くに満車となるので注意、また料金600円は小銭で用意。

ちはや星と自然のミュージアム

ちはや星と自然のミュージアム

 大雪で休日だったので閉まっているかな?と思っていたのですが営業(?)していました、深夜の街のコンビニのように心強く感じます。

ちはや星と自然のミュージアムの薪ストーブ

中に入ると薪ストーブで暖まることが出来ます。

ちはや園地(ピクニック広場休憩所)

ちはや園地(ピクニック広場休憩所)

 広場で雪だるま作りや雪合戦が繰り広げられます、気を付けないと雪の玉が飛んで来ます。


ちはや園地(ピクニック広場休憩所)

金剛山の雪景色

金剛山の雪景色

 訪れた時は駐車場付近も雪が多かったのですが、金剛山頂上に着くとさらに雪が多く、まるで雪国のようでした。

金剛山の雪景色
金剛山の雪景色

 映画の「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」のセットのような雪景色。

金剛山の雪景色

白い魔女がそりに乗って登場しそうな道。

ブナ林の雪景色

金剛山ブナ林の雪景色

 雲が切れて太陽の光が差し始めると金剛山の木々の枝が白く輝き始めます。


金剛山ブナ林の雪景色

金剛山転法輪寺の雪景色

金剛山の雪景色

 本当に雪国に来たような雪景色。

金剛山の雪景色

金剛山の雪景色

金剛山の雪景色
金剛山のつらら 金剛山の雪景色

建物の軒下は気をつけないと上の写真のように「つらら」が出来ている時があります。(落ちてくると危険。)

国見城址の雪景色

国見城址
国見城址

 左の曇り空の状態から上の青空になるまで、それほど時間は掛かっていません。
(山の天候はとても早く変わります。)

金剛山の雪景色 その2

金剛山の雪景色
金剛山の雪景色

 雪をまとった木がモンスターのようになっています、これだけ雪が付着すると枝が雪の重さに耐えきれずに折れて落下してきますので注意。(音もすごい。)

金剛山の雪景色
金剛山の雪景色

 曇っていた金剛山の空が晴れてきて、青空が広がりきれいな風景が目の前に広がりました。

金剛山の雪景色

写真のように晴れ間が出るとふもとでは、すぐに溶けてしまう雪も金剛山では溶けずに残っています。

金剛山の雪景色

金剛山の雪景色
金剛山の雪景色

どこに行くのか好奇心を刺激する小道がたくさんありますが、十分注意しないと迷子・遭難するとの事。

金剛山の雪景色

金剛山の雪景色

金剛山ロープウェイの駅

金剛山ロープウェイの駅

 早めにロープウェイの駅に戻ってきましたが、既に長蛇の待ち行列が出来ていました。(ロープウェイ乗車時はアイゼンを外す必要があります。)

金剛山の雪景色

冬の金剛山登山と、金剛山の雪景色