春の金剛山をハイキング

春の金剛山をハイキング

 金剛山にも遅い春がやって来ます、頂上付近は奈良県ですが大阪近郊で”遅い春がやって来る”と表現できる所があるのはちょっぴりうれしいものです。

 春はカタクリなどの花が咲き、ポカポカ陽気の中にある山頂付近のブナの木は冬とは違いやさしく・待ち望んだ春の訪れを喜んでいるかのようです、そんなブナを見ているとこちらも逢いたい・再会を待ち望む人に逢えそうな気がしてワクワクしてきます。

歩いたコース:
ロープウェイの金剛山駅→しゃくなげの路→ちはや星と自然のミュージアム→ブナ林→転法輪寺→金剛山遊歩道→ロープウェイの金剛山駅

好日山荘Webショップ

← 品揃えが豊富で、私もここでザックなどを揃えました。

Amazon 登山グッズ

← こちらも品揃えが豊富です。

ロープウェイの金剛山駅前には、まだ桜が咲いていました。

ロープウェイの金剛山駅前の桜

訪れたのはゴールデンウィーク、ロープウェイの金剛山駅前には、まだ桜が咲いています。
 ロープウェイは冬ほどは混まない為、夕方に乗車待ちの行列が出来ませんのでダイヤ通りにロープウェイの運転が終了すると思います(バスも含めて時間に注意)。

春の遊歩道

春の遊歩道

 広葉樹の森を抜けていく遊歩道を歩きます、樹木の根元にはきれいな花が咲いています。


植物の採取を禁止する標示

岩湧山にも、”草木を撮っても、盗らないで!”とありました。

山野草の花

シラネアオイ

シラネアオイ(撮影:しゃくなげの路)


日本固有種だそうです、”しゃくなげの路”の斜面に”春の敷物”を広げたように咲きます。

斜面に広がるシラネアオイ
カタクリの花

カタクリ(撮影:しゃくなげの路)


 多年草で約20年の寿命だそうです。
 花びらをひらひらさせながら咲いています、”しゃくなげの路”などで咲いているのは道の雰囲気から人の手によって育てられているものと思ってしまいますが、金剛山の登山道で咲くカタクリはそれを感じさせません。

 そういう自然に咲くカタクリなどを探してみるのもいいと思います。(でも道に深く入りすぎて迷子にならないように。)

そのほかの花

そのほかの花(撮影:しゃくなげの路)

 夏になると木の葉が生い茂るためうっそうとするところも、この季節はまだ明るく地面までしっかり日の光が届きます。そのためか色んな花が咲きます、山野草の本を手に歩く人もいたりします。

しゃくなげ

他にも見つけたその他のお花(一部)、名前は・・・、ごめん・・・。

そのほかの花
そのほかの花

毎年 金剛山に来れば、もっとたくさんの花に出会えそうです。

金剛山の新緑

金剛山の新緑

 小さな花を見つけようと足元ばかりに注意していないで肩より上にも目を向けてみて下さい、きれいな新緑に遊歩道が包まれていることに気付きます。

新しく生まれ変わって、まっさらになったような森を歩くと気持ちがいいです。

金剛山の新緑
金剛山の新緑

日の光を受けて緑色に輝き、まさしく”新緑がまぶしい”という状態になります。

ちはや星と自然のミュージアムのたんぽぽ

ちはや星と自然のミュージアムのたんぽぽ

 ちはや星と自然のミュージアムの手前に たんぽぽが咲いているところがあります、日が当たってポカポカして気持ちがいいところです。


金剛山のつくし

つくしも顔を出しています。

ちはや園地(ピクニック広場休憩所)

ちはや園地(ピクニック広場休憩所)

 金剛山の積雪する冬は一面の銀世界でしたが春が訪れて地面が緑に覆われています、あの雪と氷の世界から緑が復活するのは映画のようです。
 何回も、何回もでんぐり返しをしたくなるような気持ちになります。

ブナ林から望む大和葛城山は春霞にかすんでいます。

ブナ林から望む大和葛城山は春霞にかすんでいます。

 空気が澄んでいるときは、はっきりと見える大和葛城山の山頂ですが、春はかすんで見えます。

転法輪寺

金剛山 転法輪寺司講本部

 ポカポカ陽気で、店番(?)をしている人も居眠りしてそうです。

転法輪寺のしだれ桜と金剛ざくら

転法輪寺のしだれ桜

 5月の連休中に撮影しましたが、樹齢300年以上のしだれ桜がきれいに咲いていました。
 「今年は花見に行けなかったから、桜が見れて良かった。」と話す人がいました、下界で桜を見損なった人は5月でも金剛山に来れば花見が出来ます。


転法輪寺のしだれ桜

山頂広場からロープウェイへ向かう金剛山遊歩道

ブナの木の下で咲いているスミレ

 山頂広場からロープウェイへ向かう金剛山遊歩道で、ブナの木の下でひっそりと咲いているスミレを見つけました。


ブナの木

 ここでご紹介した他にもクリンソウなどの花も咲くとの事、毎年少し時期をずらしながら登ると色んなお花に出会えそうです。

 金剛山の北西の「カトラ谷」の登山道にはニリンソウのお花畑があるそうです、ただ「カトラ谷」の登山道は危険箇所があるそうなので山頂広場からニリンソウのお花畑まで下りて(急坂との事)また山頂広場まで戻って来た方がいいかもしれません。

春の金剛山をハイキング